社会教育は何を子ども達に与えてくれるのか

教育委員会の組織のなかには、大きく分けて学校教育と社会教育の部署があります。学校教育の部署は、もちろん学校の教育計画である教育課程の承認や点検などの業務をしています。教育が指導要領にのっとって適切に実施されているかをチェックしています。では、社会教育は、子どもに対してどのような働きかけをしているのでしょうか。近頃は、新学習指導要領の中で、社会に開かれた教育課程を実施することが求められています。この教育課程は、よりよい教育でよりよい社会を創るというものです。よりよい教育のためには、地域社会や教育財産と連携して学習することが必要です。昔は学社融合ともいいましたが、社会教育がセッティングした、教育環境や外部人材を活用してよりよい教育を協力して行うということです。これからますますそのような取り組みが行われて、学校と社会が双方向で関わり合う時代がやってきます。いずれ羽ばたいていく社会の様子を知る意味でも重要な内容を担っている社会教育の発展も重要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • 学校教育と家庭教育の連携は大切

    学校では、生活指導と学習指導を行っています。生活規律をただし、学習規律もただし、その上で学習活動がな …

    続きを読む...

  • 塾教育の素晴らしいところはどこか

    塾に通っている子ども達は、何らかしらの目標を持って、通塾しています。目標があるとなしとでは、取り組む …

    続きを読む...

  • 都市と地方の公教育の差はあるか

    基本、公教育である以上、学ぶ内容は学習指導要領に規定されており、教育環境整備の金額は自治体で差がある …

    続きを読む...

  • 幼児教育の大切なところはどこか

    鉄は熱いうちに打てといいますが、子どもの可能性も幼いうちからの取り組みで変わって来るかもしれません。 …

    続きを読む...

お知らせ

一覧